PLANTS MAGAZINE 植物図鑑

ヤシ・ソテツの植物一覧

  1. アレカヤシ|Dypsis lutescens

    東南アジア、ニューギニア、オーストラリア、マダガスカル島に88種ある。単幹で高さ5 - 15m、小葉の幅は大小不揃いで折目状のしわが深く、浅緑色。葉柄に刺はない。雄雌同株。☆観葉植物(熱帯植物)の上手な育て方通販でのご購入/WEB SHOP SALE ヤシの木ご購入はコチ…

  2. カナリーヤシ |Phoenix canariensis

    フェニックス属はナツメヤシ属ともいい、アフリカ、アラビア、インド、東南アジアに14種、10変種。単幹だがまれに分岐、株立ちもある。ナツメヤシの実は唯一主食になっている。この属は種間交雑がたやすく、雑種になりやすい。カナリーヤシはカナリー諸島(地中海性気候区)に分布し、単幹で高さ20mになり、…

  3. クイーンパーム (Queen Palm)

    シアグルス属は南米に58種。単幹。高さ20mになる。葉は羽状葉、披針型。葉は枯れても葉柄は長い間着いている。落ちると環紋が残る。ジョオウヤシは、ブラジル(アメリカ熱帯雨林気候区)に分布し、単幹10mになる。葉は3 - 5m、羽状葉。雄雌同株(単性花)葉柄は帯粉白色。無霜地帯では庭園樹や並木に利用…

  4. クロツグ|Arenga engleri

    クロツグ属は熱帯アジアからオーストラリアに16種、日本にクロツグとコミノクロツグの2種がある。雄雌同株。花序から樹液を採り砂糖を作ることからサトウヤシの名がある。幹の基部より萌芽し、よく株立ちとなる。クロツグはよく株立ちする。葉長1.5 - 3mになる羽状葉。小葉は硬く、先端が食いちぎられた…

  5. ケンチャヤシ|Howea belmoreana

    ホウエア属は、オーストラリア、ニューサウスウェルズ州に属するロードハウ島に4種がある。単幹で高さ8 - 15m、径15 - 25cm。羽状葉は2 - 3m。葉柄に刺はない。通称は旧学名のケンチャヤシとして栽培される。ケンチャヤシはオーストラリア・ロードハウ島(オーストラリア東岸温帯夏雨気候区…

  6. ココスヤシ|Cocos nucifera

    ココヤシ属はインド洋アンダマン諸島が原産地といわれ、熱帯地方では有用樹として大いに利用されている。高さ30m、単幹、雄雌同株。1種1属。ココヤシは高さ30m、葉の長さ5mにもなる。葉は羽状複葉で、基部から先端まで細長い小葉を着ける。雄雌同株で果実は海水によく浮かび、世界の熱帯地方で栽培されて…

  7. サトウヤシ

    クロツグ属は熱帯アジアからオーストラリアに16種、日本にクロツグとコミノクロツグの2種がある。雄雌同株。花序から樹液を採り砂糖を作ることからサトウヤシの名がある。幹の基部より萌芽し、よく株立ちとなる。サトウヤシは東南アジア(東南アジア熱帯雨林気候区)に分布し、高さ12 - 17m。葉は羽状葉…

  8. サバル メキシカーナ・サバルヤシ (Sabal mexicana)

    耐寒性が非常に強く雄雄しい恰好の良いヤシの木。葉は扇状で深く切り込みが入る。サバルヤシはアメリカ南東部を中心に15種ほどあり幹を地中から出さない種などもある。日本ではサバル メキシカーナをサバルヤシとし流通している。☆観葉植物(熱帯植物)の上手な育て方通販でのご購入/WEB …

  9. セネガルヤシ|Phoenix reclinata

    フェニックス属はナツメヤシ属ともいい、アフリカ、アラビア、インド、東南アジアに14種、10変種。単幹だがまれに分岐、株立ちもある。ナツメヤシの実は唯一主食になっている。この属は種間交雑がたやすく、雑種になりやすい。☆観葉植物(熱帯植物)の上手な育て方通販でのご購入/WEB S…

  10. テーブルヤシ|Chamaedorea elegans,Collinia elegans

    チャマエドレア属は中南米に140種があり、単幹、株立ちのタイプがある。小型のヤシで、葉鞘がしっかりと幹についている。雄雌異株。テーブルヤシはメキシコ(アメリカ熱帯雨林気候区)に分布し、単幹で2mになる。径1.5m、幹は緑色の環紋がはっきりしている。耐陰性がある。空気の通りが悪いとハダニがつき…

PAGE TOP