PLANTS MAGAZINE 植物図鑑

アガベ・ヴィクトリア レジーナ(笹の雪)| Agave victoria-regina

イギリスのヴィクトリア女王の名がついているアガベ。

日本では「笹の雪」で流通している。

とても育てやすい品種であるが、葉の先端が痛みやすい。

下葉を枯らさないように育てると見事な球体となる。

葉には ペンキ と呼ばれる白いラインが入り、先端に鋭いトゲを持つ。

 

学名Agave victoria-regina
英文名Queen Victoria Agave, Queen Victoria Century Plant
和名アガベ・ヴィクトリア レジーナ
別名笹の雪
科名キジカクシ
属名アガベ
種名ヴィクトリア レジーナ
自生地・分布アリゾナ
形態多年草
成木30cm-60cm
耐寒性(Hardiness)耐暑ゾーン 9a: -3.9度まで (USDA Hardiness Zone 9a: -6.7℃ to -3.9°C)
耐暑性(Winter Hardiness)耐暑ゾーン 11b: +10度まで (USDA Hardiness Zone 11b: +7.2℃ to +10°C)
日照好日性 (Full sun)
花の色淡い黄色(Pale yellow)
開花時期開花に10年以上要し、開花後に結実し枯れる
注意点植物の葉に棘または鋭いエッジがあります。取り扱いには細心の注意を払ってください。
その他詳細土壌のpH要件: 6.1〜6.5(弱酸性) 6.6から7.5(ニュートラル) 7.6〜7.8(弱アルカリ性)
かかりやすい病害虫カイガラムシ 【主な防除剤薬剤】オルトラン,スミチオン,カルホス,冬期は石灰硫黄合剤

室内での育て方

日当たり直射日光を好み、1日3-4時間以上、陽の当たるところに置く。
水やり月に2回程度。冬の気温が15度以下になったら月に1回程度に減らす。水量はいづれもたっぷりとあげる。
用土(サボテン・多肉植物の土)堆肥 5(虫が嫌いならピートモス):軽石 3(川砂・富士砂・日向土・パーライトでも可):硬質赤玉土 1:くん炭 又はゼオラオト 1【pH濃度 6.5】
肥料元肥として化成肥料を適量
植え替え1-2年に一回ほど古い土を1/3ほど取り除き、固まった土を軽くほぐし、根を乾かすために日陰に3-7日ほど置いてから植え替える。
増やし方株分け
スタイル玄関やテラス・アプローチ等日の当たる明るい場所

地植えでの育て方

植込・移植移植に強い。丁寧に掘り起こし。1週間ほど日陰で根っこを乾かしてから移植する。
間隔30-50cm
日当り・植込場所日当たりの良い場所を好むが、湿気を嫌い、水はけの良い土壌を好む。土を盛って高植えにすると良い。
水やり乾燥を好む為、水をあげなくて良い。
成長の早さ遅い
スタイルアメリカンスタイル,カリフォルニアスタイル,ミッドセンチュリーモダンスタイル
楽しみ方ドライガーデン(デザートガーデン),ロックガーデン,

PAGE TOP