PLANTS MAGAZINE 植物図鑑

ブラジルヤシ(ココスヤシ)| Butia capitata

ブティア属はブラジル、パラグアイ、アルゼンチンに21種あり、高さ5 – 10m。葉は長い羽状葉、シルバーグリーン色、濃緑色。葉柄以外に刺はない。

ブラジルヤシ(ココスヤシ)は(南アメリカ温帯夏雨季気候区)に分布し、単幹で4.5- 6m、直径50cm。葉柄に刺があり羽状葉は2m。路地では-9℃に耐える。果実は甘く芳香があり美味。暖地では庭園樹とする。

日本における、ブテア属に属するヤシは、Butia capitata(ブテア・カピタータ),Butia yatay(ブテア・ヤタイ),Butia paraguaynsis(ブテア・パラグアイ)があるが、ブテア・ヤタイもブテア・パラグアイ共に耐寒性が比較的弱く、関東での栽培が困難な為、日本におけるココスヤシは耐寒性が強いButia capitata(ブテア・カピタータ,ブラジルヤシ)であることが推測できる。または、ブテア・カピタータの交配種である可能性が高い。


☆観葉植物(熱帯植物)の上手な育て方


ご購入はこちらから↓↓↓

 WEB SHOP by OCEANSIDE GARDEN

学名 Butia capitata
英文名Butia Species, Jelly Palm, Pindo Palm, Wine Palm
和名ブラジルヤシ
別名ココスヤシ
科名ヤシ
属名ブテア
種名ブラジルヤシ
自生地・分布ブラジル,ウルグアイ,アルゼンチン
形態常緑高木
成木4.5m - 6m
耐寒性(Cold Hardness)8b: -9.4℃まで (USDA Hardiness Zone 8b: -9.4℃ to -6.7°C)
耐暑性(Heat Hardness)11a: +7.2℃まで (USDA Hardiness Zone 11a: +4.4℃ to +7.2°C)
日照好日性 (Full sun) 〜半日陰性 (Half-shade)
花の色桃色(Pink)
開花時期6月-9月
その他詳細土壌のpH要件:6.6から7.5(ニュートラル)
かかりやすい病害虫

室内での育て方

日当たり直射日光を好み、1日3-4時間以上、陽の当たるところに置く。
水やり月に2回程度。冬の気温が15度以下になったら月に1回程度に減らす。水量はいづれもたっぷりとあげる。
用土(観葉植物の土)腐葉土 5(推奨はココピート):硬質赤玉土 4:くん炭 又はゼオラオト 1【pH濃度 6】
肥料元肥として化成肥料を適量
植え替え1-2年に一回ほど古い土を1/3ほど取り除き、固まった土を軽くほぐし植え替える。
増やし方実生
スタイル玄関やテラス・アプローチ等日の当たる明るい場所

地植えでの育て方

植込・移植移植に強い。丁寧に掘り起こし根巻きする。
間隔3-5m
日当り・植込場所日当たりの良い場所に植える。
水やり植込み時1ヶ月は土を乾燥させないように水をあげる。梅雨明けの変わり目から8月頃までは土を乾燥させないように水をあげる。
成長の早さ普通
剪定春に枯れた下葉を切る
スタイルハワイアンスタイル,マイアミスタイル,
楽しみ方シンボルツリー

HOW TO育て方
CATEGORYカテゴリー
STYLEスタイル
USAGE用途別
TYPE形態
BLOOM SEASON開花期
PAGE TOP