PLANTS MAGAZINE 植物図鑑

室内インテリア向きの植物一覧

  1. アガベ アテナータ (Agave attenuata)

    多肉植物で葉は放射状に多数開き、ロゼット状になる。葉の形は長三角形で、アガベに多く見られる鋭いトゲはない。開花時は高さ4mにもなる花芽を伸ばし、たくさんの花を咲かす。AGAVE |OCEANSIDE GARDEN WEB SHOP …

  2. アガベ チタノタ (Agave titanota)

    緑の肉厚な葉に立派なトゲが特徴。アガベの中では寒さに弱く、0度で葉にダメージを受ける事がある。「チタノタ」や「ティタノータ」「チタノータ」等の呼び名で呼ばれる。…

  3. アガベ デスメティアーナ (Agave desmetiana)

    アガベ属の中では最も早く輸入されたと言われている品種。斑入りの品種が「ベネズエラ」と呼ばれて出回っている事が多く、斑無しの本種はあまり流通していない。…

  4. アレカヤシ|Dypsis lutescens

    東南アジア、ニューギニア、オーストラリア、マダガスカル島に88種ある。単幹で高さ5 - 15m、小葉の幅は大小不揃いで折目状のしわが深く、浅緑色。葉柄に刺はない。雄雌同株。☆観葉植物(熱帯植物)の上手な育て方通販でのご購入/WEB SHOP SALE ヤシの木ご購入はコチ…

  5. アンスリウム ジャングルキング|Anthurium crassinervium

    アンスリウムの中でも大きい葉を持ち、長さ1m以上、根元から立ち上がる性質をもつ。流通は非常に少なく希少なアンスリウム。…

  6. クロツグ|Arenga engleri

    クロツグ属は熱帯アジアからオーストラリアに16種、日本にクロツグとコミノクロツグの2種がある。雄雌同株。花序から樹液を採り砂糖を作ることからサトウヤシの名がある。幹の基部より萌芽し、よく株立ちとなる。クロツグはよく株立ちする。葉長1.5 - 3mになる羽状葉。小葉は硬く、先端が食いちぎられた…

  7. ケンチャヤシ|Howea belmoreana

    ホウエア属は、オーストラリア、ニューサウスウェルズ州に属するロードハウ島に4種がある。単幹で高さ8 - 15m、径15 - 25cm。羽状葉は2 - 3m。葉柄に刺はない。通称は旧学名のケンチャヤシとして栽培される。ケンチャヤシはオーストラリア・ロードハウ島(オーストラリア東岸温帯夏雨気候区…

  8. ココスヤシ|Cocos nucifera

    ココヤシ属はインド洋アンダマン諸島が原産地といわれ、熱帯地方では有用樹として大いに利用されている。高さ30m、単幹、雄雌同株。1種1属。ココヤシは高さ30m、葉の長さ5mにもなる。葉は羽状複葉で、基部から先端まで細長い小葉を着ける。雄雌同株で果実は海水によく浮かび、世界の熱帯地方で栽培されて…

  9. サトウヤシ

    クロツグ属は熱帯アジアからオーストラリアに16種、日本にクロツグとコミノクロツグの2種がある。雄雌同株。花序から樹液を採り砂糖を作ることからサトウヤシの名がある。幹の基部より萌芽し、よく株立ちとなる。サトウヤシは東南アジア(東南アジア熱帯雨林気候区)に分布し、高さ12 - 17m。葉は羽状葉…

  10. サボテン ペクチネータス(Echinocereus pectinatus)

    和名 「三光丸」(サンコウマル)上部にある赤い刺がある。「LACE CACTUS」という英名があるように、レースのような模様をしている。…

PAGE TOP