PLANTS MAGAZINE 植物図鑑

室内インテリア向きの植物一覧

  1. ティランジア アラウジェイ (T.araujei)

    シャープな葉を細かく重ねていく有茎種。湿度が高いとよく成長する。本体の大きさが15cmを超えると開花しやすいと言われている。…

  2. ティランジア アルゼンチナ (T.argentina)

    名前の通り、アルゼンチンの固有種である。トリコームはうっすらとついており、花は淡いピンク色。以前は本体の大きなと呼ばれる品種が存在したが、今はアルゼンチナに統一されている。…

  3. ティランジア アルベルティアナ (T.albertiana)

    とても育てやすい品種の1つ。とても鮮やかな赤い花を咲かすが、開花させるコツが未だに見つかっていない。真っ赤な花を咲かせる品種が少ないため、交配種がいくつか作られている。…

  4. ティランジア アレキタエ (T.arequitae)

    とても綺麗な白い花を咲かせる品種。細いトリコームが高密度にあり、とても銀葉種らしい見た目である。小さいものは咲きやすく、大きなものは咲きにくい。あまり手に入らず、成長が遅い品種である。…

  5. ティランジア ベイレイ (T.baileyi)

    つぼ形の普及種で、よく目にする品種。花を咲かせなくても子吹きし、クランプになりやすい特徴がある。とても育てやすく、最初にチャレンジする人も多い。…

  6. テーブルヤシ|Chamaedorea elegans,Collinia elegans

    チャマエドレア属は中南米に140種があり、単幹、株立ちのタイプがある。小型のヤシで、葉鞘がしっかりと幹についている。雄雌異株。テーブルヤシはメキシコ(アメリカ熱帯雨林気候区)に分布し、単幹で2mになる。径1.5m、幹は緑色の環紋がはっきりしている。耐陰性がある。空気の通りが悪いとハダニがつき…

  7. ヒメショウジョウヤシ|Cyrtostachys lakka,Cyrtostachys renda

    ショウジョウヤシ属は東南アジアの島々に11種がある。株立ち、刺はない。葉柄、葉鞘が赤~暗赤色、高さ10m以上になる。高温多湿を好み、雄雌同株。ヒメショウジョウヤシはマレー半島、カリマンタン半島に分布し、幹は5m。株立ち。葉は長さ1.5 - 2m、羽状葉。葉鞘、葉柄は赤色で美しい。高温多湿を好…

  8. ヒロハケンチャヤシ|Howea Forsterana

    ホウエア属は、オーストラリア、ニューサウスウェルズ州に属するロードハウ島に4種がある。単幹で高さ8 - 15m、径15 - 25cm。羽状葉は2 - 3m。葉柄に刺はない。通称は旧学名のケンチャヤシとして栽培される。ヒロハケンチャヤシはオーストラリア・ロードハウ島(オーストラリア東岸温帯夏雨…

  9. ビスマルキア ノビリス (Bismarck Palm)

    葉が青緑のとても綺麗なヤシで、このヤシを無視することなどできないほどの美しさです。ヤシの葉は最大で6mにも広がり、樹高は15m以上に達する。☆観葉植物(熱帯植物)の上手な育て方通販でのご購入/WEB SHOP SALE ヤシの木ご購入はコチラ…

  10. フェニックス・ロベレニー|Phonix rupicola

    フェニックス属はナツメヤシ属ともいい、アフリカ、アラビア、インド、東南アジアに14種、10変種。単幹だがまれに分岐、株立ちもある。ナツメヤシの実は唯一主食になっている。この属は種間交雑がたやすく、雑種になりやすい。フェニックス・ロベレニーはインドシナ(東南アジア熱帯雨林気候区)に分布し、単幹…

PAGE TOP