PLANTS MAGAZINE 植物図鑑

オリーブ |Olea europaea (Olive)

紀元前の時代から地中海地方で栽培されていたといわれる樹木。若い果実は塩漬けにして食用に、熟した果実からはオリーブ油を収集する。国内では江戸時代に渡来して、現在は香川県小豆島が最大の産地として有名である。花期は5 – 7月。枝先に黄白色で香りのある小さな花を多数つける。


オリーブの主な品種

ミッション|Mission アメリカ カリフォルニア原産

ネバディロブロンコ|Nevadillo blanco  スペイン原産

マンザニロ|Manzanillo スペイン原産

シプレッシーノ|Cipressino イタリア シチリア原産

ルッカ|Lucca イタリア原産

レッチーノ|Leccino イタリア トスカーナ原産

コロネイキ|Koroneiki ギリシャ原産


☆観葉植物(熱帯植物)の上手な育て方


通販でのご購入/WEB SHOP SALE 

オリーブの販売はコチラ

学名Olea europaea
英文名Olive Tree
和名オリーブの木
科名モクセイ
属名オリーブ属
自生地・分布地中海沿岸
形態常緑中木
成木2 - 12m
耐寒性(Hardiness)耐寒ゾーン 8a: -12.2度まで (USDA Hardiness Zone 8a: -12.2℃ to -9.4°C)
耐暑性(Winter Hardiness)耐暑ゾーン 11a: +7.2度まで (USDA Hardiness Zone 11a: +4.4℃ to +7.2°C)
日照好日性 (Full sun)
花の色ホワイト/ニアホワイト
開花時期5月-7月
注意点オリーブアナアキゾウムシの幼虫ややその他の害虫が付きやすいため、年に2 - 4回、スミチオン乳剤原液を2000倍に薄め、根元から幹にかけてたっぷりと噴射する。
かかりやすい病害虫オリーブアナアキゾウムシ,ハマキムシ,コガネムシ,アブラムシ,カイガラムシ,炭疽病

室内での育て方

日当たり室内には不向き
増やし方挿し木。

地植えでの育て方

植込・移植3 - 5月,10 - 11月が好ましい。
間隔3.5 - 5m
日当り・植込場所日当たり、水はけがよく風通しの良いと場所に植える
水やり植込み時1ヵ月はよく与える。夏期は1週間以上、雨が降らなければたっぷりと与える。
成長の早さ早い。年間15 - 30cm
整枝2 - 3月
剪定2 - 3月

PAGE TOP